甘納豆よもやま話

甘納豆の原料あれこれ
いんげんまめ
いんげんまめ
種類の多いいんげんまめ
 いんげんまめは「べにばないんげん」などとともに、インゲン属に属し、双方を合わせて単に「いんげん」と総称される場合もあります。また、いんげんまめは「菜豆」とも呼ばれ、非常に種類が多く、「金時豆」、「手亡」、「うずらまめ」、「虎豆」、「大福豆」などがこれに含まれています。
いんげんまめは諸外国では最も日常的に食されている豆の一つで、その種類は多様です。原産地は中南米ですが、わが国への渡米は17世紀の中頃、中国から隠元禅師によってもたらされ、禅師の名にちなんで「隠元豆」と呼ばれるようになったと伝えられています。しかし、実はそれは「ふじ豆」という別の種類の豆であったとの説もあります。わが国での本格的な栽培は北海道の開拓が始まる明治時代になってからで、アメリカ産の種子が輸入され、栽培が始まりました。現在、北海道がわが国のいんげんまめの主産地で、国内生産の大部分を占めています。
特徴は種皮の色の多様性
 いんげんまめは種皮の色の多様性に大きな特徴があります。まず、豆全体が真っ白な白色系と豆に色が付いている着色系とに大別されます。白色系は「白いんげん」と呼ばれ、代表として「手亡」「大福豆」「白金時豆」などがあります。
着色系には単色と斑紋入りがあり、単色の代表は「金時豆」で、へその部分を除いて全体が鮮やかな赤紫色をしています。斑紋入りは、さらに普斑種と偏斑種とに分かれ、普斑種には「うずらまめ」、偏斑種には「虎豆」があります。
あずき
 あずきは古来から人々の生活と密接に結びついた豆で、厄除けや行事、料理、菓子に使われるほか、昔は薬用としても使用されていたようです。現代では、機能性面が注目されており、活性酸素を取り除く効果があるとされている「ポリフェノール」、生活習慣病を予防する「食物繊維」、ビタミンB群を豊富に含んだ機能性食品と言えます。
 名前の由来は、「あ」は赤色、「ずき」は溶けるの意味があり、荷崩れし易い豆ですが、弊社では大粒で且つ風味のよい原料豆を厳選しながらも、職人の技術によって煮崩れしない、程良い柔らかさに仕上げています。
あずき
青エンドウ豆
青エンドウ豆
 エンドウは古くから人類とかかわりの深い豆の一種で、古代エジプト王朝のツタンカーメン王のお墓からも発掘されています。
 えんどうには、表面が滑らかなもの、皺がよったもの、色は青(緑)、赤、白などの品種がありますが、弊社では高級品種と言われる大粒青エンドウを畑単位で選び抜いた最上の豆だけを使用してます。良質のタンパク質とビタミンとのバランスが良く、疲労回復に役立ちます。また鉄分も多く含まれ、貧血予防にも有効です。
金時豆
 金時豆はいんげん豆の代表的な種類です。北海道で栽培されているいんげん豆のうち金時豆が大半を占めています。中でもよく知られているのが「大正金時」という品種です。昭和初期に北海道の十勝地方の暮別村で見つけられ、大正村(現在は帯広市内)で量産されたことからその名が付きました。
 大正金時は蔓無しで、種子は大きく2cm近くもあります。後に品種改良が進み、さらに大粒の「北海道金時」「福勝」などがつくられています。他、白色をした「福白金時」があります。
 金時豆は粒の形が良く、食味優れていることから、甘納豆の原料としても重要です。
金時豆
落花生
落花生
 落花生は花が咲いた後に地中にもぐり込み、莢を作って実を結ぶ不思議な豆です。
 南米アンデス山麓が原産地と言われており、コロンブスの新大陸発見とともにヨーロッパに持ち込まれ世界中で栽培されるようになりました。 脂質はオレイン酸が豊富でコレステロールを減らし、動脈硬化予防に適しています。ビタミンEも多く、老化を防ぎ美肌づくりにも役立ちます。
ひよこ豆
 名前の通り乾燥豆は雛に似た形をしたかわいらしいまめです。食感は栗に似た独特のホクホク感があり、栗豆とも言われます。日本ではなじみの薄い豆ですが、海外では生産の多い豆で、カレーやスープの具材に親しまれています。
 弊社では大粒で食味に優れた品種を厳選し甘納豆に仕上げてみました。タンパク質、ビタミンB1、カルシウム、カリウム等ををバランスよく含み、ビタミンB1が疲労回復に、カリウムが高血圧予防に効果があります。また食物繊維も多く、便秘大腸ガン予防も期待できます。
ひよこ豆
そら豆
そら豆
 莢が空に向かって直立するように伸びることからソラマメと呼ばれたといわれております。地中海地方では古くから栽培されており、ギリシア・ローマ時代から食卓にのぼっていたようです。
さつまいも
 日本におけるさつまいも栽培は、江戸時代までさかのぼり、1605年、中国との交易に用いられていた琉球王国の官船により持ち帰られたことが始まりだと言われています。
 千葉県のさつまいも栽培は、1735年、江戸幕府8代将軍徳川吉宗の命を受けた青木昆陽により、飢饉を救う救荒作物として、現在の千葉市と九十九里町で試作されたことから始まりました。その結果、天明の大飢饉(1784〜86年)ではさつまいもにより多くの命が救われました。(千葉県香取農業事務所資料より)
さつまいも