京都の和菓子『水無月』

IMG_0002

京都では6月30日に、「夏越祓(なごしのはらえ)」という行事が行われます。1年の折り返しにあたるこの日に身の汚れを祓い、残りの半年の無病息災を願う神事です。 夏越祓に『水無月』を食べる習慣があり、6月に入るとあちらこちらの京都の和菓子屋さんに並びます。

その昔、天然の氷を氷室(京都衣笠山西麓)に貯え6月30日にこの氷を宮中に献上し、氷を口にして暑気払いをしました。氷は貴重で庶民には手に入らなかったため、外郎を氷にみたてて食べたのが『水無月』です。

『水無月』は、白い外郎の上に甘い小豆をのせ三角形に切ったお菓子です。白い外郎は氷、上に散らした小豆は邪気払いを表していると言われています。三角の形も魔除けや、厄除けの意味が込められているそうです。夏の酷暑を乗り切り、「これから半年無事に過ごせますように」と願いを込めて頂くお菓子です。

 

八雲製菓の小豆甘納豆も6月に入ると京都方面へたくさん出荷されます。『水無月』は京都の和菓子屋さんやスーパーなどでも売られていますが、家庭で手作りされる方も多いようです。その材料として小豆甘納豆を使っていただいています。

京都のお得意先様から毎年6月に小豆甘納豆をたくさんご注文いただくため不思議に思い、関西方面の営業担当に聞いたところこのような伝統があることを知りました。

DSC00047

京都出張のついでにY課長に買ってきてもらいました。

これで今年の夏も無事に乗り越えられそうです。

by営業部事務員1号